第19回 スポーツ界の不祥事 


スポーツ界の不祥事が多発しています。

最 近では学生アメリカンフットボールの悪質なタックルや指導者による女子選手に対するセクハラ、パワハラ問題や角界の相次ぐ暴力事件、チームから支給された 品をインターネットサイトに出品する選手、未成年選手の喫煙など様々なニュースが日本国内でも数週間に1度のペースで起きてしまっています。

本来健全な身体と精神を育むはずのスポーツのはずなのに、なぜこのようなことがおこってしまうのでしょうか。

結局のところ、全てが勝利至上主義に問題があるのではないのかと思います。

日本でもライバル選手のドリンクに禁止薬物を混入し、その選手を失格にさせようとした選手がいました。

普通は思うでしょう。
そこまでして勝ちたいのかと、そんなことをして仮に勝ったとして、それがうれしいのかと。 

なぜその選手はそんなことをしてしまったんでしょうか。

自分に対する自信のなさ、勝ちたいという思いや負けたらどうしようという怖さ、誰も見ていないからと魔がさしてしまい、人の道から外れた行動に出てしまったのだと思います。

つまりは心の弱さが問題だったのだと思います。

 

指導をする側にも責任があると思います。

特に児童期、学生時代はスポーツ活動と共に人間性の教育の両方を指導しなければいけないのですが、実際は勝つことのみが目的で、ほんの一握りの優れた指導者以外、人間性の教育はほとんど出来ていないのが現状です。

 

私の学生時代の部活動の話です。

市内で一番強いチームで、エースの子は県選抜のエースでしたが、イジメもひどい子でした。
部内でもイジメが蔓延していましたが、先生は見て見ぬふりですし、他校では金髪の生徒もいました。

その金髪の子は暴走族に入っていて本人は部活なんてやる気はないのですが、その子は自分がいないとチームが勝てないからと先生に頼まれて出てあげていると言っていました。

結局、スポーツは勝つことが目的なので、先生もあまり教育が過ぎてその子に辞められてしまっては勝てなくなってしまうので、あまり強く言えないのです。

私自身もフルコンタクト空手の名門道場の指導員をしていましたが、ずいぶん先輩にいじめられました。

どんなにその競技で優秀な成績を残しても、人間性が伴わなければいけません。

 


以前プロ野球の日本シリーズでとても残念なプレーがありました。


ピッチャーの投げた球がバッターの頭部付近を通り、バッターが転倒し頭部を押さえて起き上がれなくなってしまいました。

野球ルールにピッチャーの投げた球がバッターの頭部に当たると、そのピッチャーは危険球により退場というものがあります。

テレビなのでスローのリプレイがすぐに流れ、何度見ても当たっていないことが分かりました。

実際にはキャッチャーが取り損なってボールをはじいただけでバッターにはかすってもいません。

ですがそのバッターは頭を押さえて起き上がろうとしていませんでした。

結局ピッチャーは危険球退場となり、後日審判団の誤審ということになりましたが、何故そのバッターは頭を押さえたのでしょう。


スポーツで、反則をしたのに何で審判に正直にやったと言わないのかというコーチや監督の方が何人いるのでしょう。

つまりは正々堂々正直にやって負けるなら、グレーで勝つスポーツというところでしょうか。

 


武道の道(どう)は人が人として生きていく道を意味します。

武術の稽古を通じ人間性を高めていくことが武道であり、格闘スポーツで優勝することが武道ではありません。

そして格闘スポーツはスポーツであり武術ではありません。

 

和心流空手道場では空手の術技と共に、人間性の教育にも力を入れ、その両立を図りたいと思っています。