第15回 輝く


先日少年部の時間にこんなことを話しました。

君のその考えは間違えている。
君のその横着な考えかた、後回しにするクセ。

毎回そうだ。
宿題が出た。
帰ってすぐやらなくてもいい、あとでやればいい。
遊びから帰ってからでいい。
ご飯食べる前に、このテレビ見終わってから、寝る前に、明日の朝、学校行ってから、授業始まるまでに...。

そしていつの間にか忘れて、結局やらない。

そういう人間の心を、横着な心がダメなんだ。

その横着な自分をいいと思うな。
その横着な自分を直さなきゃいけない。
その横着な自分と戦わなきゃいけない。
横着な自分と向き合い、戦って克たなきゃいけない。
戦わなきゃいけないのは自分自身だ。
自分の心の弱さだ。


心は輝いていなきゃいけない。

夢をもって、どんな辛いときでも、夢を忘れず、その夢に向かって心は輝いてなきゃいけない。

その為になら命を捨てられるという何かを心に持っていなきゃいけない。

君の心は輝いているか。

過去のことなんてどうでもいい、大事なのは未来だ。

心を輝かせて、これからの人生を輝かせろ。