都筑区の空手道場琉球古伝空手術和心流空手道場少年写真1



横浜市都筑区 琉球古伝空手術 和心流空手道場 少年部の声

稽古をしている少年部が稽古のなかで感じたことなどを作文にしてもらいました



横浜市都筑区 琉球古伝空手術 和心流空手道場 父兄の声
道場に通う生徒の父兄の声です





武道として指導するということ

少年部を指導することは、ただ単に空手の技術を教えるだけではなく、『空手以外の部分』を教えることが大事になります。

その空手以外の部分とは『教育、人格形成、人間形成』の部分にあたります。

それが武道であるということです。

 

返事、あいさつ、話し方、言葉使い

お願いします、ありがとうございますを当たり前に言うこと

一生懸命やること、一生懸命生きること

人に学ぶ姿勢

物事に取り組む姿勢

自分で考え、自分で工夫し、自分で作ること

人生の意義

人はどう生きるべきか、自分の人生は何の為にあるのか

毎日、その時を一生懸命生きること

何故自分は強くなれないのか、何故ダメなのか、自分の何がダメなのか

強いとは何なのか、どうすれば強くなれるのか、強く生きるということ

 

こういうモノが理解出来てくれば、その子は特別教えなくても、ちょっとしたアドバイスだけでそれをヒントに
ドンドン伸びます。

逆にそういうモノがない子には何を教えても全てが無駄に終わってしまいます。

 

やる気のない生徒をやる気にさせるノウハウはありますが、
どんなに有能な指導者が教えても、教えてもらう側がやる気がなければどんなに情熱をもって教えても無駄に終わります。

逆に本人にやる気があれば、何も教えなくても勝手に伸びます。

急がば回れではありませんが、空手の技術を学ぶ前に学ぶべきことがたくさんあります。



性格の裏面をなくし、良い面を伸ばす指導とは

明るくて元気、おとなしくて素直、両方ともいいですよ ね。

表の性格は両者ともいいのですが、裏面が出ると、うるさくて落 ち着きがない、元気がなく積極性がない、というふうになってしまいます。

こうなると両方とも良くはないです。

和心流空手道場では表の良いところを伸ばしながら、裏に ある 良くないところを直せるよう指導します。

頭ごなしに「うるさいから静かにし ろ!」ではなく、

「いつも元気でいいけど、今は人の話を聞く時だか ら、動いたりしないで、目を見てちゃんと聞かなくちゃいけないよ」

「稽古だからしっかりとした声を出さなくちゃいけない よ。普段は大人しくていいけど、出すときは出さなきゃダメだよ」

普段のその子を肯定し、さらに良くなるため のアドバイスをあげれば子供は素直に聞いてくれます。


子供が悪いコトしてしまいました。 アナタならどうしますか?
いつも子供に注意しているの になかなか直らない、言うことを聞かない。
そんな経験ありませんか?

注意というのはあくまで手段です。

では目的は何でしょう?

もちろん約束を守れる子になってほしい、もっといい子になってほしいということですよね。

ではその目的のための手段は 『注意する』 の他に何がありますか?
『しかる』  『褒める』  『さとす』  『逆にケガなどなかったか心配してあげる』  もちろん 『怒る』 ということも時として必要です。

大事なのは 『気付かせる』 ということです。
『 あぁ、そうかそういうことか、だから自分はだめだったんだ。こうすれば良かったんだ。よし、次からはがんばろう 』 と思わせることが大事になります。
何が悪かったのか、どうするべきだったのか、そしてこれから自分はどう進むべきなのか。

『 目的 』 のための 『 手段 』 、こっちがちゃんと分かっていれば子供も分かってくれます。

横浜市都筑区琉球古伝空手術和心流空手道場
都筑区の空手道場琉球古伝空手術和心流空手道場少年写真2

稽古は厳しいものですが、稽 古を通じ、真剣に物事に取り組む姿勢、嘘をつかない、いじめない、いじめられない、しっかりとした強い声を出す、ガマンをするなど、明るく素直、正しく凛とした 子に なってもらえるよう指導します。


いじめない、いじめられない

いじめに関しては、いじめる側も、いじめられる側にも心に大きな問題を持っています。
いじめに関しては生徒一人一人と向き合い、正しい方向へ導き、その子が二度といじめることも、いじめられることもないよう指導していきます。
コラム第6回 いじめる側 いじめられる側


都筑区の空手道場琉球古伝空手術和心流空手道場少年写真1

組手試合を行わないワケ

試合をやれば試合がメインになり、試合に勝つことが目的になり、勝てば天狗、負ければ落ち込み、勝っても負けても悪影響を及ぼす危険性があります。
第19回 スポーツ界の不祥事


その代わり日々稽古内容の良し悪しに対し 『こういう点がよかった』  『次からこういうことに注意して稽古をしよう』 など個々が上達するためのアドバイスをします。

全て一人の指導員が指導することにより、個々の性格、能力、成長を把握することができ、それに合わせて指導します。

空手を始めて明るく元気になり声も大きくなった、たくましくなってきた、姿勢が良くなった、落ち着きが出るようになった、人の言うことを素直に聞けるようになった、挨拶が出来るようになったなど、うれしい声が多く寄せられています。


現在道場には経度発達障害の生徒や、不登校の生徒などさまざまな生徒がいます。
発達障害の生徒は空手を始めたことにより、落ち着きのある学校生活を送れるようになり、不登校だった生徒も元気に学校へ通っています。

目を見て話が出来ない子、いつもポーっとしている子、集中力のない子、人前でうまく話すことが苦手な子、身支度などが遅い子、みんな道場でなおりました。


何か思い当たるコトがありましたら、気軽に見学、体験入門、無料カウンセリングなどをお申し込みください。